雪印メグミルクグループの通販事業ブランド

雪印メグミルクダイレクト オンラインショップ

MBP®関連商品

骨が生まれ変わるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには、
理由があります。

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。
つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。
ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期 将来に備え、
ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期 骨を守りましょう。

40代以降は、骨量がゆるやかに減少していきます。
全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

MBP®関連商品 メニュー